魚料理からDHAを効率よく摂ろう

DHA
DHAやEPAは、現代人には不足しがちと言われる必須脂肪酸です。
せっかくならば美味しく効率的に食べたいものですよね。

 

一番効率よく取れるのはすばり〈お刺身〉です。
これらの成分は熱に非常に弱くすぐに溶けだしてしまいます。そのために、あまり手を加える事なくお刺身やお寿司、なめろうといった生のまま頂くのが一番です。
生で食べる場合マグロ、ぶり、さんま、はまちの順に一番多く言われています。

 

しかし小さいお子様や生では食べれない人もいますよね。
お刺身の次にオススメなのは〈蒸し料理、煮込み料理〉です。
蒸し料理だと熱で成分が溶け出しても水分が少ないので、捨てる事もなく摂取する事が可能です。
同様に煮込み料理も成分が溶け出しがちですが、他の食材が吸ってくれます。
少し薄味にしあげて、出汁も飲めるようにつくればもっと効率よくDHAを摂ることが出来ますね。

 

一番ダメなのは〈揚げ物〉です。
熱で溶けやすいので高温の油であげれば一気に逃げ出してしまいます。しっかり油もきって食卓に並ぶので、もう栄養がほとんどありません。

 

せっかく食べるのであれば、サプリメントなどを頼らず効率よく栄養も摂れるようになれると素敵ですね。

 

魚料理のレパートリーが増えました

DHA
魚には多くのDHAが含まれており、DHAは脳にも良いと聞くので子供には毎晩魚料理を出しています。

 

苦手な種類の魚も多くて、特に青魚は苦手であまり進んで食べてくれません。
そこで調理法を少し考えてみることにしました。

 

サバはそのまま焼いて食べるとサバの青臭い味が嫌いと言うので小麦粉と一緒にカレースパイスをまぶしてフライパンで焼くことにしました。カレーの味がサバの独特のにおいを消してくれて子供たちも食べてくれるようになりました。

 

また鮭は好きなのですが、いつも同じ味付けだと飽きるのでクリームシチューの具に使ったり、鮭を焼いてほぐしチャーハンの具にして鮭チャーハンを作ったり、アルミホイルの上に鮭をのせケチャップとマヨネーズをトッピングしオーブントースターでチンすると子供はよく食べてくれます。
これは弁当のおかずにもメインの一品となるのでお勧めです。

 

魚料理はそのまま焼くだけではなくて、アレンジがきくので毎日いろいろなメニューを考える楽しみもあり、作るほうも楽しいです。