魚が大好き。2日に一度は魚料理を食べています。


夫が私より一回り年が上なので、食生活にはとても気を使っています。

 

毎日バランスよく食事をする中で、DHAなどの栄養が多く含まれている魚料理を外すことはできません。
肉料理と魚料理を交互に、2日に一度は魚料理を作っています。

 

中でも、DHAが多く含まれていると言われるマグロ、サバ、イワシはよく食べます。

 

マグロはおさしみやマグロ丼にして。サバは味噌煮や塩焼きにして、イワシは煮たりふりかけにして食べています。

 

また、おいしい魚料理を食べたいと思う時は、車を1時間ほど走らせ漁港に行きます。
新鮮な魚料理は、どんな調理法でもとてもおいしく、どれもこれも食べたくなってしまいます。

 

年齢が上がるにつれ、油っぽいものを食べると胃もたれするようになってきたのですが、魚料理は油が乗っていても胃もたれすることがなく、たくさんの量を食べても胃が不快になることはありません。

 

魚料理の好きな我が家。
そんな家族のために、レパートリーを増やしていきたいと思います。

 

魚嫌いの主人と姑と魚好きな嫁と舅

DHA
我が家の食事事情はなかなか大変です。
まず、主人と姑は魚が大嫌い。舅は大の魚好きですが、魚嫌いな息子と嫁に気をつかって、数十年も家の中で魚料理を食べない生活をしてきました。
とはいえ、大好きな魚を完全に食べない訳ではなく、缶詰や刺身などの、匂いのしない魚は食べていたようです。

 

そこへ、嫁となる私が数年前に結婚して家に入ってから食事事情は大きく変わりました。
私は大の魚好き。そして肉料理はほとんど食べる事が出来ません。
その為、魚料理はほぼ毎日作りますし、食卓へも、舅と自分の魚料理を運びます。
これまで魚の匂いのしなかった台所は、毎日魚料理の匂いで溢れています。

 

主人と姑にとっては我慢の日々がスタートしたと思いますが、私が来るまで自由に魚料理を食べる事が出来なかった舅にとっては嬉しい限りだと思います。
そんな中、私達夫婦にも赤ちゃんが誕生しました。

 

私は早速離乳食のスタート時から魚料理を食べさせて、今ではすっかり子供も魚料理が大好きです。
魚料理は頭にも良いとされるDHAも含まれているので、これからも積極的に食べさせたいと思っています。