夏が旬の美味しいオススメ魚料理

DHA
そろそろ夏も近づき、暑くなってきましたね!
ところで、夏が旬の魚ってなんだかご存知ですか?鯵(アジ)、アナゴ、鮎(あゆ)、アワビ、イサキ、 カジキマグロ、鱚(きす)、黒鯛、マアジ、鱧(はも)と沢山ありますが、オススメは鯵!

 

鯵には脳の活性化に効果のあるDHAや血管の病気予防に効果のあるEPAが豊富に含まれています。
それだけでなく、骨粗しょう症対策のカルシウム、その吸収を助けるビタミンD、成長を促すビタミンB2と、からだに嬉しい成分が一杯含まれています。そんな鯵の調理法は塩焼き、フライ、刺身、煮物、とバリエーション豊富!

 

中でもオススメは「なめろう」!なめろうは調理がとっても簡単ですが、生のままなので鯵の栄養を逃さずに摂取することが出来ます。

 

またとてもさっぱりとした料理なので食欲が落ちがちな夏でもどんどん食べられますよ。

 

ポン酢や生姜と一緒に食べるのもオススメです!みなさんも夏バテに負けないよう、一杯魚を食べてお過ごしくださいね。

 

魚料理は積極的に食べていきたい

DHA
若い時よりも段々と魚料理が更に好きになってきました。
元々私の祖父母が漁師だったので、魚料理を食べる機会が多くよく食べていました。
今は辞めてしまったので、あまり魚料理を食べる機会が減り、小さい頃は凄く贅沢な物を食べていたんだなと感じます。
結構魚って高いですよね。
食費を切り詰めたい時には肉の方が安いと思います。

 

なのでたまに魚料理だと凄く嬉しくて余計に有難味を感じるのか、幼い頃からよく食べていたから欲しているのかどちらかはわかりません。両方ですよね。
魚と言えばDHAが入っていますよね。
頭が良くなるとも言われていますが、血液をサラサラにする効果もあるそうです。
年と共に自然とDHAを欲するようになるのかもしれません。

 

なのでやはり食費は削るものではなく、もっと魚料理を食べていきたいと感じます。
単純に美味しいですし、魚の出汁も出て更に他の食材も美味しくなって料理する人にも楽に美味しく出来て嬉しいですよね。