DHA
DHAには、コレステロールによってドロドロになった血液をサラサラに改善する働きがあります。
血液がドロドロのまま放置しておくと生活習慣病を引き起こすリスクが、正常の状態よりも高いため、健康な生活をおくるのに支障がきたす原因にもなりかねません。

 

そのためDHAは毎日の健康を助ける大切な健康成分になります。

 

DHAは主に青魚に含まれている栄養素です。疲労回復や集中力アップの効果も期待できる成分のため、受験生やビジネスマンにも注目されています。青魚は脂がのっていて大変おいしいですが毎日青魚料理を食べ続けるのは、難しいです。
そんな時は、サプリメントによって補助すると良いです。

 

DHAのサプリメントは、青魚の健康成分を凝縮しており青魚料理によってDHAを摂取できない方にも簡単に栄養補助をおこなうことができます。

 

とくにファストフードやインスタント食品などで食事を済ませがちな方の栄養不足をおぎなえますので生活習慣病の予防をしたいかたは活用してみてはいかがでしょうか。

EPAとDHAそれぞれの健康効果の違い

DHA

 

青魚の健康成分であるEPAとDHAに注目が集まっています。それぞれの成分にはどのような健康効果を期待できるのでしょうか。EPAとDHAそれぞれの健康効果を説明します。.

 

まずEPAです。EPAは主に血液や血管を健康な状態に維持する働きがあります。コレステロール濃度を低めることができます。そのため生活習慣病や成人病などドロドロになった血液が大きくかかわる病気の予防にも効果が期待できます。

 

いっぽうDHAは脳や神経を活性化することができます。記憶力の向上や集中力の持続時間をあげるはたらきが期待できるので、学習能力にも深くかかわる成分です。
EPAとDHAそれぞれの効果を説明しました。
EPAとDHAは同時に両方摂取することによって相乗効果が得られます。そのためサプリメントから摂取する際には、EPAとDHA両方が含まれているサプリメントがより高い健康効果を期待することができます。

 

もちろん毎日の食事からの栄養摂取も大切です。青魚にはEPAとDHA以外にもカルシウムやビタミンB群などの栄養素もたっぷりですので、積極的に摂取しましょう。