DHAが含まれる魚ってどんなのがあるの?

DHA
DHA=魚という認識は間違ってはいないのですが、DHAを多く含んでいる魚というのが存在します。
今回は、DHAを効率よく摂取するためにDHAが多い魚を紹介しましょう。
1.マグロ
子供から大人まで人気の高い魚がランクインしています。
特にマグロの中でもクロマグロの脂身に多く含まれていると言われています。
2.アジ
ひと昔前までは食卓の定番と言っても良いぐらい人気だった、アジですが小骨が多く食べづらいとあまり食卓に出なくなりましたね。
しかし、アジの開きには多くのDHAが含まれているのでオススメですよ。
3.秋刀魚
秋刀魚にも多くのDHAが含まれています。
秋刀魚は開きよりも生での方が多く摂取できますので、生サンマをオススメします。

 

でも、魚がどうしても手に入らないという方は缶詰で代用してもいいのではないでしょうか。
サンマの缶詰め・サバの缶詰め・イワシの缶詰めなど多くの缶詰めが手軽に購入できます。
それらの缶詰めにもしっかりとDHAが含まれているので、缶詰めの中の汁も一緒に食べて残さずDHAを摂取してみてはいかがでしょうか。

 

魚料理は体を作るのに重要な成分のEPAとDHAを摂取出来る

DHA
魚料理を食べる時に骨があって上手に食べられないという悩みから食べないという人がたくさんいます。しかし魚には体内でほとんど生成されな成分を摂取する事が出来るので健康を考えると食べなけばいけません。

 

魚の中に含まれている代表的な栄養素と言えばEPAとDHAでしょう。EPAとDHAは共に体を作るのに重要な成分なので定期的に摂取しておきたいところです。EPAはエイコサペンタエン酸の事で血液をサラサラにして血栓が出来るのを防ぐ働きがあります。そのため動脈硬化や心筋梗塞など血管系の大きな病気を予防する事が出来ます。DHAはドコサヘキサエン酸の事で脳の神経細胞を多くして脳の老化を防ぐ働きがあります。そのためアルツハイマー病や認知症を予防する事が出来ます。

 

EPAは血液をサラサラにする効果があるので主に中高年の人が必要になります。DHAは脳を活発にする効果があるので中高年の人だけではなく若い人も必要になります。そのため魚料理は食生活の中で必要な食べ物なのです。